プラセンタの効果は自律神経にも?

プラセンタの効果は自律神経にも?

40歳を過ぎてから、体力がなくなり、疲れやすくなりました。
仕事から帰ると、そのままベッドに入って、眠ってしまうことも多かったのです。
眠っても疲れが取れず、なかなか眠れないこともあり、悩んでいました。

 

自律神経失調症だと言われ、しばらく仕事を休んだこともあります。
疲れやだるさがなくならないので、困って医療に詳しい友人に相談すると、プラセンタ注射がいいかもしれないと言われました。

 

プラセンタというと、エイジングケア用の化粧品に入っている成分というイメージがあったのですが、プラセンタには、美容以外にも、様々な効果があるのです。
プラセンタには、自律神経調節作用や、精神安定作用、疲労回復作用があります。

 

また、血行促進作用、食欲増進作用、呼吸促進作用もあります。
そのため、うつや自律神経失調症などの症状の改善も期待できるということでした。

 

最近は、プラセンタ注射による治療を行っているクリニックも増えており、私も探したらすぐに見つかりました。
自費診療なので、費用がどのくらいかかるかと心配していましたが、それほど高くなくて、ほっとしました。
疲れが残らなくなり、食欲が出てきて、だいぶ元気になったので、良かったです。
更年期障害だと、健康保険が適用できるので、更年期障害で悩むことがあったら、また注射をしてもらおうと思っています。